運動習慣を身につける

ウォーキングは、誰にでも簡単にできる有酸素運動です。 筋肉の活動を活発にしますし、血中内の酸素を利用していますので、血液の循環もよくなります。 続けて行うことによって、心臓や肺などの体内の働きにより生活習慣病の予防や改善などにも効果があります。

筋肉トレーニングを始めてみる

基礎代謝とは、人間が1日で消費する最低限必要なエネルギー量で、総消費エネルギーの約70%です。 その約40%は筋肉で消費されています。 つまり筋肉量を増やせば基礎代謝も増えて太りにくくなるということです。 加齢による筋肉の減少分、太りやすくなるといわれています。

体幹トレーニングを始めてみる

最近よく耳にする体幹トレーニングですが、プロサッカー選手の長友選手が取り入れているトレーニング方法としても知られていますが、自宅で手軽に始められるということで人気なんです。 では、実際どのようなものなのか、体幹を鍛える効果や初心者用のトレーニング方法などを調べてみましょう。

ウォーキングで体質を改善する

最近体力が落ちてきたと思っても、中々実行できない人がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
お腹が出てきたなぁとか階段で息切れがするとか気にはなっているけれども、休日はついついテレビばかり見てしまったりしていませんか?
ジムに行くのも敷居が高かったり、時間が取れなかったりしますよね。
また、年齢によっては、いきなり無理な運動をしても身体への負担がかかる場合も多く、腰に負担がかかって痛めてしまったり、かえって倦怠感から身体が動かなくなったりすることもあります。
普段の運動量に少しずつプラスし、徐々に増やしていくことから始めましょう。
昔スポーツをされていた方も当時のトレーニング方法をするのではなく、身体をいつもより少し動かすことから体力アップしていきましょう。
まず、普段エスカレーターを利用している駅では階段を利用してみませんか?それだけで100キロカロリー変わったりするのです。
電車での移動中は立つだけでも運動不足の解消につながり、座っているより消費カロリーは倍近くなります。
最初は苦になっていたことも続けているうちに、体力はついていくものです。
通勤に1駅歩いてみたり、自転車を利用してみるのもいいかもしれません。
取り敢えず1週間続けてみるなど、目標を立ててみるのもいいでしょう。
絵画が趣味ならば、美術館に行くだけで、洋服が好きならウィンドウショッピングするだけで、歩く量は結構あります。
少しずつ歩く量を増やすだけでもトレーニングになります。
楽しく運動習慣を身につけ健康的なからだ作りを目指していきましょう。